症状について

椎間板ヘルニアを手術なしで克服する

ヘルニアの施術
椎間板ヘルニアの経過写真

病院では手術を勧められるほどの腰から大腿にかけて酷い痛みがあった女性でしたが、通院するたびに症状は軽くなり、3ヵ月にはレントゲン写真でもはっきりとした変化を確認することができました。

痛みや痺れの原因は様々ですが、例えヘルニアが見つかった場合でも、手術をしなくてもよくなるケースが殆どです。

沖縄県でヘルニアの手術は避けたい、身体を根本的によくして再発予防に努めたいとお考えの方は是非、ご参考ください。

腰の違和感と痺れの症状

夜も寝られないほどの腰の違和感と足先の痺れに悩む女性でしたが、整体後には症状がかなり楽になったとご報告をいただきました。

問題は身体の歪みにあった為、病院では原因を突き止められなかったはずです。

ヘルニアの痛みと原因

痛みや痺れはヘルニアや狭窄といった、目で確認できるものだけが原因ではありません。

このような症状は筋肉の問題から起きることもあれば、身体の歪みがきっかけになって起きてしまうことがあります。

病院の検査ではわからない原因が存在しているはずなのです。

ですから、ヘルニアの手術やブロック注射をしても、症状がよくならないことが多々あるのです。

稀にヘルニアの手術が必要な場合もありますが、殆どのケースで手術をしなくても症状は快復できるということを忘れてはなりません。

当整体院では、痛み止めが効かないほどの歩行困難や、座ることも難しい激痛といった症状に悩む多くのお客様の快復をお手伝いをしてきました。

こちらの動画をご覧ください。

坐骨神経痛の施術動画紹介です

疲労の蓄積から筋肉は強く収縮して硬くなっている状態です。筋肉は骨に付着しているので、筋肉の強い収縮が骨を動かし、身体の歪みを作ります。

例えば、太ももの筋肉が強く収縮すると、骨盤を下方に引っ張り、腰部は反ってしまい、反り腰という歪みを招いてしまいます。

腰の反りが強くなればなるほど、腰椎と腰椎の間を狭めてしまい、椎間板にも大きな負担がかかります。

椎間板にかかる圧力が高くなり、椎間板は押しつぶされ、正しい位置から動いてしまえばヘルニアとなる可能性もでてきます。

身体のバランスを整え、疲労が溜まりにくい状態をつくることができれば、椎間板にかかる負担が軽減し、ヘルニアのリスクへの対策が可能となります。

動画のような症状の早期改善や再発予防のお手伝いをしていくのが、整体院の役割です。

足が楽になった報告メール歩けないほどの足の痛みで来院された男性です。運転もできずに付き添いの方と一緒にやってきました。症状がでてから割と早く来院していただいたので痛みも直ぐによくなりました。

原因は生活習慣でのクセによるものです。今後、しっかりとケアを継続すれば再発することはありません。

椎間板ヘルニアと病院

背骨は、24個の骨が積み木のように重なります。この骨と骨の間には椎間板とよばれる軟骨があり、クッションの役割をはたしています。

老化や激しい運動などで椎間板が外に飛び出し、神経を圧迫することがあり、激しい痛みやしびれを引き起こすことがあります。

引用元:椎間板ヘルニア-日本医師会ホームページ

病院でヘルニアが見つかっても、「大したことはないレベル」と説明される人も多いと思います。

このようなケースでは、具体的な治療方法を説明されることもないので、悩みが解決できない恐れがあります。

「様子を見ましょう」と言われても痛みは引くことはありません。

痛み止めの薬で症状をごまかしながら、何とか生活を続けている人もいますが、それでは根本的な解決にはならないどころか、長期的に使用することによって回復そのものを遅らせてしまうことも考えられます。

薬はなるべく使いたくないと思っている方も多いはずです。

近年では、椎間板ヘルニアが痛みや痺れの直接的な原因ではない、という考え方が広まりつつあり、

殆どのケースで保存療法(生活習慣の見直し、運動や体操、リハビリなど)によって今後の様子をみていくことになると思います。

しかし、原因となっている部分にもアプローチすることができなければ、保存療法を続けていても痛みや痺れの症状が良くならないことがあります。

痛みやしびれの症状の多くは、筋肉・筋膜、血流の問題によって引き起こされており、これらの問題を優先的に解決していくことを考えていかなければなりません。

病院での治療で効果を感じられないのであれば、他の方法を検討する必要があります。

坐骨神経痛は正しい方法でケアを行なうと克服のできる症状です。それには、自分自身の身体が現在どのような状態なのかを知り、適切な方法によるケアを継続することが大切です。

ヘルニアの手術について

腰椎椎間板ヘルニアの約80-85%は自然経過で軽快するとされ、いわゆる保存的療法と呼ばれる治療法を行うことを原則とします。

保存的療法としては、安静・腰椎コルセットの装着・腰椎牽引療法・腰部のマッサージなどの理学的療法などがあります。

また、痛みが高度の場合には、腰部硬膜外神経ブロックなどの鎮痛を目的とした治療法も行われます。

内服薬としては、筋弛緩剤・消炎鎮痛剤・ビタミンB剤などが用いられます。これらの各種の保存的療法を2-3ヶ月行っても効果のない場合や

痛みの発作が繰り返す場合、痛みが激烈な場合、下肢の運動麻痺が著名な場合などには、手術的治療法が行われます。

引用元:腰椎椎間板ヘルニア-日本脊髄外科学会

ヘルニアの手術をしても症状が残ったり、しばらく調子が良かった場合でも再発してしまうケースも少なくありません。

痛みや痺れといった症状は、決してヘルニアだけの問題ではありませんので、せっかく手術をしても治らない、なんて話しになってしまうのです。

痛みや痺れの原因にアプローチして原因を解決することができないと、症状を繰り返してしまうのも決して不思議なことではありません。

「ヘルニア 治療」
「ヘルニア 病院」

の検索結果にでてくる病院の口コミやレビューを見てみると手術がすべてではないことが判断できると思います。

症状の本当の原因がわかれば、ヘルニアの存在はさほど気にする必要はありません。正しいケアを継続すればヘルニアは自然と消滅するのですから。

※外側ヘルニアと呼ばれる状態では、極めて痛みが強く、直ぐに手術が必要な場合があります。

足のしびれが改善報告メール

症状が現れてからすぐにケアができると快復スピードは早くなります。いずれ治るだろうと放置し続けると状態が悪化することもありますので早めに行動することが大切です。

施術後には自分でできるケア方法をお伝えしています。自分の状態に合った正確なケア内容が重要です。

椎間板ヘルニアの禁忌

腰椎椎間板ヘルニアでは腰を丸めると症状が悪化する傾向があり、逆に腰を反らせると楽に感じることが多いようです。

ですから、写真のような体勢で痛みが強くなる人はこのストレッチを続けるべきではありません。

このような知識が改善の為には必要となります。

関連記事:腰痛になる理由と取り除き方

まとめ

椎間板ヘルニアによる痛みや痺れは、手術をしても改善できない場合があります。痛みや痺れの原因はヘルニア以外の部分にあります。

また、身体のバランスの問題を解決できるとヘルニアの早期消滅が可能です。

今後もヘルニアのリスクのある生活を続けるのではなく、しっかりと克服したい場合は整体をおすすめします。